大阪大学医学部附属病院
結節性硬化症診療連帯チーム
TSC-BOARD
只今作成中 Coming soon
呼吸器内科 放射線科 泌尿器科 皮膚科 小児神経科 結節性硬化症学会



TSCボード(TSC-Board)


結節性硬化症は全身の臓器に過誤腫を生ずると同時にてんかんや行動異常、白斑などを生ずる疾患で、胎児期には心の横紋筋腫が出現し、年齢が長ずるに従って、SEGA(上衣下巨細胞性星細胞腫)、顔面の血管線維腫、腎をはじめとする種々の臓器の血管筋脂肪腫、肺のLAM(リンパ脈管筋腫症)、消化管の腫瘍など様々な症状を呈する疾患である。従って多数の科が協力して治療方針を決めて行く必要がある。このような横断的診療システムは、新規の治療薬として全身の症状に効果のあるエベロリムスやシロリムスが登場してますます重要になってきた。
我々は2012年から前述のシステム(TSC-Board)を発足し、多くの科が共同で患者さんをみていくという診療連携を行い、それぞれの患者さんに最も適した治療を提供する様につとめてきた。同時に、障害が重度で受診が大変な患者さんや遠方からの患者さんでも受診が可能なように、同一日に複数科の受診を可能にすなどの工夫をこらしている。



検討会 阪大病院TSCボードメンバー
多くの診療科が多方面から検討をすることによって
経験を共有し知識が蓄積される
呼吸器内科、放射線科、泌尿器科
皮膚科、小児科の各専門家


診療連携


診療連携を行う診療科リンク
(平成28年現在) 
呼吸器内科 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/lab_8/index.html
放射線科 http://radiol-osaka-u.com/
泌尿器科 http://www.osaka-urology.jp/10/46/417.html
皮膚科 http://derma.med.osaka-u.ac.jp/OPC/senmonOPC.html
小児神経科 http://www.med.osaka-u.ac.jp/~ped/www/study/st07_brain_1.html


学会案内


第5回日本結節性硬化症学会学術総会
会 長: 師田 信人 (東京都立小児総合医療センター)
期 日: 平成29年11月11日(土)
会 場: 東京都立小児総合医療センター (東京都府中市)
第5回日本結節性硬化症学会ホームページ
http://jstsc2017.umin.jp/
 
第4回日本結節性硬化症学会学術総会が阪大(吹田)で開催 終了
第4回日本結節性硬化症学会ホームページ
http://derma.med.osaka-u.ac.jp/4tsc/


連絡い合わせ先

▽皮膚遺伝病外来 金田眞理 電話:06-6879-3031

▽ 泌尿器科 結節性硬化症外来